ゆり の き: しょいん ぱrちちおんs

日本は食べ物、音楽、伝統など、さまざまなことで有名です。世界のすべての国には独自の伝統がありますが、それを自分で体験した場合にのみ理解することができます。ゆりの木は、この記事を通じて日本に親しみ、文化を理解することができます。

日本の伝統的な家屋は通常、ドア、壁、椅子、家具に至るまで、木で作られています。アニメシリーズでさえ、日本の伝統的な家屋を紹介しています。人々は通常、床にある泡の上に座ってテレビを食べたり見たりしています。一方、部屋は通常、木製の薄いドアで仕切られています。このような建築は松陰造りと呼ばれ、日本の家屋で最も一般的な家庭様式です。

松陰の間仕切り、日本の世帯におけるその重要性と機能について詳しくは、以下をご覧ください。

百合の木:日本の家の建築

書院造りは、床の間を意味する「書院」と、壁に組み込まれた棚「ちがいだな」からきています。鎌倉時代から1192年から1333年にかけて始まったこの国産の建築様式。時が経つにつれて、しんでん、しんでん造と呼ばれるようになった邸宅の様式に合わせて改造されました。

障子とは、日本の家によくあるスライディングスクリーンです。部屋の仕切りとして機能し、側面の木製フレームと光を透過させる透明な白紙で設計されています。書院作りスタイルに含まれています。ただし、夏の間は日本人が障子を取り除き、家の中を空気が流れるようにします。

半透明で軽いのですが、室内にいても障子はプライバシーを守ります。ただし、音は遮られません。また、家の中でドアを施錠しないのも日本の伝統であり、障子のドアは施錠できません。

障子の骨組みは、竹で作った、またはくみことしても知られています。唯一の欠点は、踏んだり誤って押したりすると簡単に壊れてしまうことです。しかし、それが家にもたらす視覚的に魅力的な美学は否定できません。

精進の中には、アルミニウムを原料とする合紙など、さまざまな素材で製造されているものもあります。意味のある文様も障子に刻印できます。それは、伝統的なパターンの中で家族を表す所有者に依存します。

越志は正治の下部にあり、洪水や水漏れがあると水に濡れやすくなります。それでも、コシは雨から家を守るために特別に設計されました。

障子には、らんま、すだれ障子、葦障子など、さまざまな種類があります。私たちが提供するさまざまな日本の家具についてもっと知るために私たちのウェブサイトを閲覧してください。ご不明な点がありましたら、info @ yurinoki.comまでメッセージをお送りください。

ゆり の き: しょいん ぱrちちおんs

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *